「みんなのクレジット」カテゴリーアーカイブ

みんくれが業務停止一ヶ月

株式会社みんなのクレジットに対する行政処分について

え?あんだけ詐欺紛いな事やったのに、たったの一ヶ月の業務停止命令だけ?クラバンとかいう業者は分別管理ができてないというだけで、3ヶ月業務停止喰らってたのに?

みんくれには、何かおかしな力でも働いているのだろうか?

処分が軽いからといって、安心かというとそうでもなく、あまり比例関係はないという話もある(crowdportによると会社規模が大きいと、是正のための期間が長くなるので長期営業停止になるそうな)

 

弊社代表取締役白石伸生から、お詫び及びご報告

そして白石辞任発表である。

今更言い訳しても、もう遅いわけで、こっちは粛々と回収の準備を進めるだけである。

今の所分配金の遅延もなく、出金も問題なく行われているので、特に損害は無いのだが、強いて言えば、しょうもない情報に振り回されてたり、こういうくだらない記事を書く時間を取られている時点で大損かな…。

お金とは信用である。信用の無い奴に金を貸すと酷い目に遭うということが、今回の件でよくわかった。

 

みんくれ行政処分発表の裏で、大手ソシャレンのmaneoが延滞発生を報告していた。

7000万投資して戻ってきたのは2500万と4割弱…債務者と連帯保証契約と第二抵当に入っているようだが、第二抵当じゃ何の役にも立たないだろう。

結局ソシャレンなんて、リスクが高い割には大したリターンが期待できないクソ投資案件という事なのだろう。

みんくれが、アフィリエイターにごめんなさい

みんなのクレジットに行政処分勧告。ソーシャルレンディング事業者選びは個人投資家の難題に

既に大変な事になっているみんくれだが、むやみやたらにリスクの高いみんくれを推奨したアフィブログの責任も指摘されている(高知の山奥で東京を煽っているアイツとか)

当ブログでもみんくれのバナー広告を貼っているのだが、白石一族は信用ならんと、散々書き続けていたためか、幸いな事に誰もアフィ経由でのみんくれ口座開設はなかった。

TCSのみんくれのバナーを貼っていたのだが、本日アフィリエイトパートナー向けに、以下の謝罪のメールが届いた。

※本メールは、みんなのクレジット様と提携のある全てのアフィリエイトパートナー様に
お送りさせて頂いております。何卒、ご了承下さいませ。アフィリエイトパートナーの皆様

いつも大変お世話になっております。
TCSアフィリエイトでございます。

この度、広告主であるみんなのクレジット様について、
3月24日に証券取引等監視委員会で以下の発表がございました。

■株式会社みんなのクレジットに対する検査結果に基づく勧告について
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2017/2017/20170324-1.htm

以下、みんなのクレジット様からお知らせです。

====================================================
みんなのクレジット提携アフィリエイター様

この度は、株式会社みんなのクレジットのご紹介をご支援頂いていたにも関わらず、
大変なご心配をおかけして申し訳ございません。

この度の証券取引等監視委員会からの勧告を真摯に受け止め、
今週中に金融庁から発表される処分に従いつつ、投資金がきちんと不動産・動産・
有価証券で保全されていること確認して頂き、投資金の全額の早期償還を当局の指導を仰ぎ、
投資家の平等性を守りながら早期に対応させて頂きたい、と思います。

今後の広告掲載につきまして、大変ご心配をおかけしますが、
今週の当局の処分が確定するまでは弊社としても動けないため、
しばし御時間を頂きたいと思います。

万が一、業務停止(広告掲載の停止)もしくは会員募集の停止に付随する処分が出された場合、
当局の指導を優先に従い対応させて頂きたく、ご理解・ご了承の程お願い申し上げます。

大変ご不安だと思いますが、当局の発表後このような処分に至った背景と現状、
今後の展開、投資家様への対応をしっかりとHPにて報告させて頂きたいと思います。

以上、何卒よろしくお願いいたします。

まぁ、今更何を言っても、もう白石なんか信じないよ!

当方少額ながら、みんくれに投資してしまっているので、これから面倒くさい訴訟を行わなければならない。

が、みんくれの事がどうでもよくなるくらい、EAがボロカスに負けているので、もう一本勝ち以外のEAを捨てようかと思っている。

現状、金を稼ぐためにEAやらソーシャルレンディングやらを始めたのに、結局全て負けて現実の厳しさを思い知らされているだけだ。

根本的に投資に関して間違ったやり方をしてるとしか思えないので、もっと本格的に勉強しようかと思う。

みんくれが集団訴訟に発展

http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2017/2017/20170324-1.htm

金融庁への勧告見たけど、もうこれポンジ・スキームでしょ。終わっとる。

水曜日に業務停止命令か、ライセンス剥奪かねぇ。

弁護士の弟にも相談したのだが、既に金が無いんじゃ回収できないとの事なので、もう回収は無理なんじゃないかな?

既にみんなのクレジット被害者の会が出来たので、もはや集団訴訟やむなしと言う状態なのだが、果たして今後どうなるのか?

みんくれが行政処分

NHKニュースより。

勧告の対象となるのは、ソーシャルレンディングと呼ばれる金融サービスを行っている東京・渋谷区の「みんなのクレジット」です。

ソーシャルレンディングは、金融機関から融資を受けにくい中小企業などとお金を貸したい個人投資家をインターネット上で結びつけるもので、ここ数年、仲介会社が増加し、市場も拡大しています。

ところが関係者によりますと、みんなのクレジットはこの1年で集めた40億円を超える資金の多くを融資先と説明していた業種ではなく、自社のグループ企業に貸し出していたということです。証券取引等監視委員会はこうした行為が金融商品取引法に違反するとして、近く行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針です。

やっぱ白石の奴、グループ企業で金回してやがったか。

金貸し付けて計画倒産とかも画策してたんじゃねぇの?白石ならありうる。

白石は、今まで会社転がし等の数々の悪行を働いてきたが、人間の体細胞は、6年で9割が入れ替わるので、昔の白石とはもう違うという人も居る。

だが、根っこの細胞は決して入れ替わることはないので、白石の本質は結局変わらない。

こんなインチキくさいソシャレンからは、手を引いたほうがいいだろう。

最近はトラストレンディング一択なのだが、募集案件も少ないし、利率も下がってきているので、もう投資する意味があまりなくなってきた。

ソシャレンブームも終わりっぽいし、そろそろ他の投資先に乗り換えるか…。

ソシャレンで元本割れが発生

どうやらソーシャルレンディングのクラウドクレジットで、元本割れが発生したようだ。

おそらく個人案件を除けば、ソシャレン史上初の元本割れである。

私が投資しているみんくれやトラレンは、今の所大丈夫なのだが、やっぱり貸し倒れの危険はソシャレンには付き纏うのだ。

最近はトラレンにひたすら投資しているのだが、案件が追加されるごとにどんどん利回りが下がってきており、今日投資した案件なんて8.5%である。年始は10%だったのに。

なんだかリスクの割にはリターンが低すぎるような…もうソシャレンの旨味はなくなってしまったのか?

クソアフィブロガーがソシャレンを推奨

高知の山奥から東京で消耗と煽るプロブロガー、グレーを承知でハイリスクな金融商品の勧誘に手を出した件で証券取引等監視委員会に通報される

こんなクソアフィブログでソシャレン推奨する記事が出始めるとか、いよいよソシャレンも、スキームの崩壊が近付いているのだろうか?

噂によると、クソアフィブロガーに対して、アフィ会社からソシャレン関連のオファーがかなり来るようになっているらしい。

ちなみにうちのブログは、トラレンのバナー広告貼るためにアフィ申請したら見事に不適合でNGされてしまったので、アフィする事すらできないという…。

せっかくFXから足を洗ってソシャレンに投資し始めたというのに、いきなり暗雲が立ち込めてしまっている。

うちは今のところ、みんくれとトラストレンディングに投資しているが、みんくれは白石一族が全く信用ならんので、最近はトラレン一択である。

リスク回避のために、徹底的に案件ごとに分散投資しているのだが、トラレンの案件が少なすぎる上、募集開始1分で埋まってしまうとう超絶人気っぷりで、なかなか投資は進まない。

今まで貸し倒れはほぼ発生してなかったソシャレンだが、今年は貸し倒れやバックレが続出して崩壊が始まるかもしれないなぁ…。

やっぱり上手い投資話なんて早々ないか。

↓白石一族を信用してもいいよという方はこちらから口座開設!

みんなのクレジット

トラレン口座開設

明けましておめでとうございます。

去年8月から始めたMT4のEAによる自動売買だが、あまりにも予想通りに大爆死してしまったため、今年は徐々にフェードアウトの準備を進めていきます。

そもそもこんなしょぼい自動売買なんかで勝てるわけないし、もうやるだけ無駄っしょ!

 

今年は自動売買をやめて、ソーシャルレンディングのみんくれにシフトして行くのかというと、答えはノーだ。

何しろみんくれは怪しい…今の所は特に問題は起こっていないのだが、単純に白石一族が全く信用できないので、バックレは時間の問題のように思える。

更に困ったことに、みんくれは出金手数料が結構かかるので、利息やキャッシュバックで得た現金を、細かく出金する事ができない。

例え利息やキャッシュバックで現金が手に入ったとしても、それはみんくれの投資口座の数字が増えただけであって、もしみんくれがバックレた場合は結局全損という事になってしまう…これはあまりにもハイリスクだ。

こういう投資案件って、大抵の人が利息や償還されたお金を、出金する事なく再投資を繰り返してしまい、最後にバックレられて全損になる事が多いらしい…。

 

なんとかバックレリスクを減らすため、出金手数料が安いソーシャルレンディングはないかと調べてみた所、そもそも投資方法が全く違うソシャレンがある事に気付いた。

具体的に言うとトラストレンディング(https://www.trust-lending.net/)なのだが、ここはみんくれと違い、投資を実行する時に指定された銀行口座に入金するという方式で、利息や償還金は投資家の銀行口座に直接入金される仕組みだ。

つまりみんくれの投資口座と違い、出金手続きなどする必要はない。

難点は、投資実行する度に指定の銀行口座に入金しなければならないため、入金手数料がかかってしまうことだが、これは住信SBIなら入金手数料無料化できるので、大した問題にはならないだろう。

調べて見た限りでは、こういう特定口座を持たない入金出金方式のソシャレンは、トラレン以外になかった。

 

ネット上ではトラストレンディングは人気があるらしく、数千万円の案件が開始数十秒で満額成立してしまうほど競争率が高いのだとか。

ネットショップの特売セールじゃあるまいし、そんな投資案件でアクセス殺到即終了なんてほんとにあるんかいな?

なんにしても、トラレンの口座開設を申込んだので、今年最初の投資はトラレンで行こうと思う。

みんくれで投資実行

FXから足を洗って、みんくれの口座準備も整い、ついに投資家としての人生が始まった。

みんなのクレジット

狙うのは、利回りよりキャッシュバックだ。そしてキャッシュバックを狙うための作戦はこうだ!

  1. みんくれに入金する。クイック入金等は無いのでひたすら反映されるのを待つ。
  2. みんくれのサイトをチェックして、キャッシュバックキャンペーンが始まるのを待つ。
  3. キャッシュバックキャンペーンが始まったら、すかさず投資実行!

そして本日、ホワイトクリスマスシリーズPart-5というキャッシュバックキャンペーンと共に、融資期間が僅か2ヶ月という美味しい案件が発生したのですかさず投資実行した。

が、しかし!投資実行した直後にみんくれから電話がかかってきて「2ヶ月じゃなくて14ヶ月の間違いでした!」と伝えられた…。

なんていい加減な…キャンセルするかどうか悩んだが面倒くさいからそのままいくことにした。14ヶ月後にこの会社存在してるのかな…。

 

世間では「みんくれは怪しい」だの、「昔のヤフオクのチャリンカーシステム」だの、「ポンジ・スキームだろこれ」等と、散々な言われようだが、実際怪しい…そもそも白石一族なんか信用できん。

融資先も白石一族のグループ会社で適当に回しているような気がする。

だからといって、他のソーシャルレンディングなら大丈夫かと言うと全然そんなことはなく、怪しさはどこも大して変わらん。

元民主党代表海江田万里が、過去にお勧めしていた「安愚楽牧場」だって、実態はただのポンジ・スキームだったのだ。世の中に安心安全な投資なんぞ存在しない。

そもそもソーシャルレンディングは、個人が金貸しをやってはいけないという貸金業法の縛りがあるため、融資先の詳細をあえて不透明にしているというのがますます怪しさを助長している。

昔はmaneoで「DV夫から逃げるための引越し費用募集」等の面白案件もあったらしいが、そういう個人案件は貸し倒れ続出だったため、今では企業案件しか取り扱っていない所がほとんどだ。

みんくれは来年から個人案件の取扱もやるらしいが、貸し倒れ続出だろうな…。

 

そういえば「安愚楽牧場」が破綻する前に、やたらGoogleアドセンスに広告を打ちまくっていたという情報があった。

Googleアドセンスやアフィ広告がやたら目立つようになってきたら、スキーム崩壊が近いという証明になるかもしれない。

でもADブロック入れてると、広告表示されないんだよな…。

なんにしても、みんくれが崩壊したら、ナニワ金融道や闇金ウシジマくんみたいに、回収作業に入らなければならないので面倒だ。

もしそうなっても、めんどくさいから弁護士(弟)に丸投げするけど。

みんくれに電凸

FXは両替すればするほど、税金と手数料で市場から金が減っていくので、試行回数を無限回にすると、全ての金が市場から消えるマイナスサムのクソゲーです!

みんなのクレジット

FXみたいなギャンブルからは足を洗って、投資家への第一歩を踏み出すことにした。

ターゲットは、FXに疲れた奴が辿り着く、ソーシャルレンディング「みんなのクレジット」こと、「みんくれ」

しかしFX証券会社と違って入金手数料がかかると知り、急遽住信SBIのネット口座を開設した。

そしてみんくれの会員情報変更から、銀行口座変更届をだしたものの、何故か変更が受諾されず、承認中のまま止まってしまった。

問い合わせフォームから「早く承諾して」と何度送っても、梨の礫のまま2週間が経過。

これはおかしい…いくらなんでも遅すぎる!もしかしてもうバックレてしまったのか?

しかたないので、ネット社会において最も不便な通信手段である電話をかけることにした。

 

予想に反して「お客様のおかけになった電話番号は現在使われておりません…」等という事はなく、あっさりとみんくれのお姉さんに繋がった。

「銀行口座変更が承認されない!」と文句を言ったら「新規のお客様が大変多くて、少しお待ちいただいている状態です」との事。

しかし、今お時間を頂ければ、すぐに承認するとの事なので、電話で氏名を伝えたら、1分もかからず承認された。

全然すぐ出来るじゃねぇか!今まで何やってた?

結局この会社はいい加減なのだ。ネット上では配当金が振り込まれないキャッシュバックが合ってない等、事務手続きに関するトラブル報告が多いが、全ては「いい加減」だからの一言で説明がつく。

そしてトラブルが起こる度に、電話でせっつかないと全然動いてくれないのだ。

なんだかすっかり投資熱が冷めてしまってやる気をなくしたが、せっかく口座開いたり準備したんだから、ちょこっとだけ投資やってみるか…。

住信SBIのランクを簡単に上げる方法

先日みんくれ入金のために口座開設した住信SBIネット銀行は、ランク制を採用しており、ランクが高ければ高いほど、振込手数料無料回数が増えたりと、特典が増える。

ランクと特典

ランク
ランク4
ランク3
ランク2
ランク1
ATMご利用手数料
無料回数
お預入れ
無制限
お引出し
月15回
月7回
月5回
月2回
当社から当社への振込手数料無料回数
無制限
当社から他行への振込手数料無料回数
月15回
月7回
月3回
月1回
ボーナスポイント
50p付与

ランクは2から始まり、そのままほったらかしだとランク1まで落ち、振込手数料無料が月1回までと、ショボい口座になってしまう。

そこで色々な条件をクリアしてランクを上げなければならないのだが、実は超簡単にランクを上げる方法がある。

それは…スターフライヤーカードを作る

年会費無料のこのクレジットカードを持っているだけで、ランクが+1されるのだ。

ランク2なら、月3回まで振込手数料が無料になるので、これで事足りるような気もするが、さらに高ランクを目指したい場合は、10円ちょいの費用でランクを上げることが出来る。

ランク判定条件

この中で狙うのは、「外貨預金」と「SBIハイブリッド預金」の2つだ。

外貨預金は1通貨でも外貨預金として扱われるので、香港ドルなら14円、ランド円なら8円ほどで条件達成できる。

SBIハイブリッド預金は、SBI証券に口座開設が必要だが、1円でも月末残高があれば良いので、1円を入れておけば良い。

この2つを達成するだけで、ランク2+スターフライヤーカードで+1=ランク3となり、振込手数料が月7回無料になる。

さらに最高のランク4を目指す場合は、条件が比較的簡単なデビットカードを月1万円使うか、サラリーマンなら給与振り込み口座に指定するかなどすればいいが、ランク3でも十分使える口座になるので、無理してやる必要も無い気がする。

 

みんくれに入金する準備は整っているのだが、いつまで経ってもみんくれの会員情報変更ステータスが承認待ち状態なため、迂闊に入金できない。

催促のメールを送っても何も反応がないので、もしかしてもうバックレちゃった?