「仮想通貨」カテゴリーアーカイブ

bitFlyerが国内初の不正出金補償


bitFlyer 口座開設

仮想通貨の不正出金に“補償” bitFlyerが国内初

うちもbitFlyerの口座は作ったのだが、コインチェックばっかり使っているのでbitFlyerはさっぱり使ってない。

不正出金が発生した時点で、預かり金100万円以上の場合は500万円を、それ以下の場合は10万円を補償してくれるらしいが、そもそも不正出金をどうやって見分けるのだろうか?

それ以前に、取引所がゴックスしたら、結局全損には変わりないような…。

まぁ何にしても、こういうサービス周りの強化が行われていけば、信頼性がどんどん上がっていくので、ますます仮想通貨は使われていくのだろう。

あとZ.comコイン by GMOのサービスが始まった。

仮想通貨FX、仮想通貨の売買が行えるサービス
「Z.comコイン byGMO」提供開始

取引所としての信頼性はこっちの方が上のような気がする。

でもペイオフとかあるんだろうか?

TariTali!がビットコインキャッシュバックに対応

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

Bitcoinでのキャッシュバックお支払に関しまして

最近投資クラスタで目にする事が多いビットコインだが、うちで利用しているキャッシュバックサイトのTariTaliが、ビットコインでのキャッシュバック支払いに5/31から対応していた。

ビットコインは1日±10%以上もレートが変動するので、現状まともに通貨として機能していないような気もするが、こういう風に色んな所で利用され始めると、現状ただのモノである仮想通貨が、本当の通貨としての役割を担う日が来てしまうような気がする。

しかしウォレット機能が取引所依存なのは、ゴックスされた時のリスクがでかすぎる。

大量にビットコインを保有している人は、ゴックスリスク回避のため、ハードウェアウォレットを使うのが当たり前になっているようだ。

でもあれって1万円くらいするし、持ち運ぶのも不便なような気がする…家に保管する用か?

コインチェックでスプレッド表示

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェックはFXでお馴染みのスプレッドが表示されないのだが、これを表示する方法が公開されていた。

暗号通貨取引所Coincheckのスプレッドを可視化する

FXのようなスプレッドpips表示ではなく、%表示なので慣れないとイマイチ分かりづらいが、無いよりはマシだろう。

コインチェックのチャットを見てると、これから100倍に上がるだの20年前のアマゾン株が$1.7で今$998だから500倍は行けるだの妄想がはびこっているが、仮想通貨なんぞ現状ただのギャンブルなので、のめり込んではいけない。

そもそも仮想通貨を取引する事を投資というのは間違っている。単なる両替であって何も資本を生み出していないからだ。

中国なんかはATMから偽札が出て来るくらい現金の信頼性がないため、今や乞食ですらスマフォで電子マネー決済してるくらいなので、そういう国なら仮想通貨の価値はあるだろう。

が、資本を生み出さないものは所詮道具でしか無いため、永続的に価値が上がり続けることはない。

個人的には仮想通貨が1/10くらいに大暴落して、消耗くんが大損したら面白いなと思っている。

ビットコインで電気代を支払える

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェックの口座を開設して、ビットコインで遊んでいるのだが、メニュー欄に「でんき」という項目があるのに気付いた。

coincheck1

何かと思って見てみたら、ビットコインで電気代を払えるようだ。

色々条件はあるようだが、通常の電気代支払いより安くなる模様。

coincheck2

日本円で支払うとビットコインを貰えるプランと、そのまんまビットコインで電気代を払うプランがあるようだ。

coincheckでんき

 

外国人の中にはビットコインだけで生活したいという需要があるようだ。

電気代をビットコインで支払う「coincheckでんき」はビットコイン経済圏の突破口になれるか?

 

実店舗ではビックカメラがビットコインでの決済に対応した事で話題になったが、実際に決済しようとすると、レジで10分位待たされた挙句エラーになって、その間にレートが変わってしまったり等、イマイチ使いづらいようだ。

現状レートが安定してなくて、全く実生活では使い物にならなそうな仮想通貨だが、コンビニでも使えるように準備中との事なので、そのうちビットコイン決済が当たり前の時代がくるんだろうか?

匿名送金の必要性について

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェックに口座を開設して、ビットコインやら仮想通貨を取引している。

扱っている仮想通貨も多いし、何故かチャットまで備えられており、今までにない感覚で取引できる。

現状仮想通貨なんぞ、ただのギャンブルであるが、匿名送金可能という実使用上の利点は大きいので、便利さが伝われば爆発的に普及する可能性がある。

匿名送金サービスは、現状でもサービスを提供している所はあるが、手数料が高くてイマイチ使いづらい。

そして、なぜ匿名送金が必要なのかというと、ズバリ!銀行口座を相手に知られるというだけでリスクが高いという事を知ったからだ。

個人間融資を試みる

先日個人間融資を試みて実際に起こった事なのだが、融資が決まり相手の口座に入金しようとしても、何故か入金が払い戻しされて全く送金ができないという事があった。

銀行に問い合わせたりして調べた結果、相手の口座が詐欺目的に使われていて口座凍結されていた。

融資先の相手は詐欺師というわけではない。

なぜこんな事が起こったかというと、融資先の相手は過去に闇金を利用した事があり、その時トラブルになった結果、振り込め詐欺の入金先口座として利用されて、警察に詐欺口座として登録されてしまったというのだ。

元々振り込め詐欺と闇金は、ほとんど同じ業者がやっており、闇金から融資を受けよとして口座番号を伝えると、振り込め詐欺を働いてその口座に入金するように案内する場合があるようだ。

つまり、振り込め詐欺での入金=闇金からの融資となっている。

これでは口座番号を晒しただけで、その口座に入金するように振り込め詐欺を働くだけで、簡単にその口座を凍結できてしまう。

ニコ生FXでは、乞食配信者が振込用の口座を晒していたりするが、下手したら振り込め詐欺に巻き込まれる可能性もあるので、危険極まりないと言えるだろう。

 

そこでビットコイン等の匿名送金の出番となるのだが、実際問題普及率が低すぎて、まだ送金手段としてはいまいちな感じだ。

現実世界でビットコインによる決済ができる所が増えて、ビットコインだけで生活が成り立つようになれば、もはやドルや円など必要なくなるのだが、そこまで普及するかなぁ?

ビットコインに手を出す

仮想通貨人気にあやかり、ニコ生FX界でも最近はビットコインを始める人が増えてきた。
人気があるのはコインチェックという所らしい。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

fx-onで調べてみたら、以下のような口座開設案内があった。


ビットポイントFX 新規口座開設


ビットバンクトレード口座開設


bitFlyer 口座開設

ゴックスされると全損してしまうので、取引所選びは重要なのだが、一体どこが生き残るのかさっぱりわからん。
ひとまずコインチェックの口座を開設してみたので、様子を見る予定。

ビットコインFXでギャンブルする予定はないが、ビットコインが匿名送金手段として実使用で使える可能性もあるので注視しいたい。