TariTaliの方が良い

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

うちは海外口座のキャッシュバック口座として、TariTaliを利用している。

数あるキャッシュバックサイトの中で、何故TariTaliかというと理由は単純で、一番リベート率が高いからである。

そもそもこのキャッシュバックという仕組み自体が胡散臭いし、「このキャッシュバックの原資は一般トレーダーから巻き上げた金でしょ?そんな還元してる余裕あるならもっとサービス充実させろよ」と思うのだが、既に海外口座では当たり前のように定着してしまっているシステムなので文句を言ってもどうにもならない。

こちらができることは、なるべくリベート率の高いキャッシュバックサイトを使うだけである。自分でIB業者登録も簡単にできそうな気がするけど…。

 

fx-onによる2年間運用で安定収益を実証済み!!!
MB-TradingSystem

そんなキャッシュバックというシステムに疑問を持っていた時、先日導入したMB-TradingSystemの開発者から、オトクなキャッシュバック口座の案内が来た。

なんでも開発者が直接TitanFXと交渉して、キャッシュバック契約を結んだとか…。

MB-TradingSystemを稼働させているTitanFX Blade口座は、以前RSIBandsEAが大損ぶっこいた口座を引き継いで使っているため、右サイドバーの成績グラフを見ると物凄く負けているように見えてしまっている。

このままだと一見しただけでは成績分かりづらいし、この際開発者提案のキャッシュバック口座作り直してやり直すかとも思ったのだが…。

以下10万通貨/1往復取引あたりのリベート率比較。

スタンダード口座 Blade口座
AffectionFX 0.32pips 0.8USD
TariTali 0.34pips 0.9375USD

TariTaliの方がリベート率高いじゃん!

TitanFXリベート率大幅引き上げのご報告

1月16日以前なら、MB-TradingSystem開発者提案のリベート率の方が高かったのだが、今はTariTaliのTitanFXリベート率があがっているため、これじゃ口座作って乗り換える意味全く無いわ。

キャッシュバックというシステム自体に疑問が多すぎだが、ひとまず今はTariTali使っとけばいいか。

ちなみにTariTaliはfx-onと違い、自己アフィが禁止のため、自分でバナー貼ってリベートアップとかはできないので注意。

MB-TradingSystem | fx-on.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)