いつまで経っても直らないOANDA東京サーバー

euryen20161029

画像は10月28日頃のOANDA東京サーバーユロ円1分足。

レートが落ちているのではない、スプがいきなり62.3ppに広がっているためこんなチャートになっている。

以前からずっと言い続けているが、OANDA東京サーバーは稼働以来ずっとこんな感じのゴミサーバーである。

OANDA東京サーバーはゴミ

当然クレームを入れまくっているのだが、「これが正常です」と返答が来るので全く改善する気がないらしい。

金融庁にも通報しまくっているのだが(https://www.fsa.go.jp/opinion/)、こんなのFX会社では日常茶飯事のためか、全く動く気配がない。

検査が入るとここで確認できる(http://www.fsa.go.jp/sesc/kensa/kensachuu.htm

我々一般トレーダーが取れる唯一の防衛策は、ただ逃げる事だけである。

だが逃げた先も、結局同じようなクソ業者である可能性が高い。

もう国内には、まともなFX業者なんて無いに等しいのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)